河合塾提携校金沢駅西予備校

 

石川県金沢市駅西本町1-1-31 電話:076-262-8739

カテゴリー(予備校生活)

大学入試センター試験 受験案内

2019-09-09

9月5日に完成シリーズ初回のチュートリアルアワー(高校のホームルームのようなもの)が行われ、『大学入試センター試験 受験案内』を配付しました。

センター受験案内

センター試験の受験案内には、志願票や払込票などが挟み込まれています。出願時にはこれらを使用します。

冊子本体には、試験概要、出願方法、出願後の流れ、受験上の注意など、センター試験を受験するために必要な事柄が全て記載されています。

出願期間は9月30日(月)から10月10日(木)まで※消印有効。日程だけみると出願開始まで余裕があるように感じられるかもしれません。しかし、それは違います。

出願するにはまず受験案内の内容を把握しなければなりませんが、目次を見ると重要な項目ばかり。しかもこの冊子、50ページ以上にわたり、精読には時間を要します。

また、志願票を記入する以外にもやるべきことがあります。

高卒生は出願時に出願資格を証明する書類が必要です。卒業した高校から卒業証明書を発行してもらわなければなりません。

もちろん検定料の払込もしなければなりません。(払込期間は既に始まっています。)

このように、出願書類を揃えるにあたっては、事前にこまごまとした準備が必要なのです。(詳細は受験案内でご確認ください。)

高校在学時とは違って、高卒生は個人で出願、つまり郵送まで全て自分で行うことになります。ギリギリになって焦ることのないように、余裕を持って出願しましょう。

なお、同時に進学情報誌『栄冠めざしてVOL.2』も配付しています。各大学の入試に必要な科目や配点が一覧となっていますので、こちらも合わせて確認しておきましょう。


 

予備校の受付窓口

2019-06-11

今回は金沢駅西予備校の受付窓口をご案内します。

金沢駅西予備校の受付窓口は校舎2階にあります。階段を上ってすぐ、エレベータを降りてすぐの場所、職員室の手前にあり、登校した皆さんは、必ず受付前を通ります。受付

受付時間は月曜から土曜の朝9時から17時まで。日曜と、授業のない祝日は除きます。

窓口の対応は事務職員が行い、在学証明書や、通学定期購入の際に必要な証明書、新幹線に乗るときの学割などを発行します。

写真右側に水色のBOXがあるのが分かるでしょうか。この中に各種証明書の発行申込書があって、必要な生徒はその申込書に記入して、窓口へ提出します。証明書は翌日にお渡しすることができます。申込書BOX

また、それ以外の様々な手続き、支払い、生徒への赤本の貸し出しなどもこの窓口で受け付けています。3月は入学手続き、入学式後は模試受験料の支払い、授業開始後しばらくは講座のレベル変更など、4月下旬までは様々な対応で混み合いました。5月に入ってからは落ち着いていたのですが、これからまた生徒の皆さんが次々に訪れる時期になります。

たとえば、夏に実施する特定大オープン模試の申し込み。河合塾の特定大オープン模試は夏と秋にありますが、夏に実施されるのは東大、京大、東北大、名大の4つになります。金沢駅西予備校の在籍生は、当校の受付窓口で申し込みをし、この予備校校舎で受験できます。既に数名の申し込みがありました。

※金沢駅西予備校で河合塾模試の申し込みが可能なのは、金沢駅西予備校在籍生のみです。在籍生ではない方の申し込みは受け付けしておりません。河合塾のホームページからお申し込みください。また、上記の内容は金沢駅西予備校在籍生のみに向けたものです。在籍生でない方は、必ず模試の日程、受付期間、受験会場を河合塾のホームページでご確認ください

そして夏期講習の会費のお支払い。先週木曜のチュートリアル・アワー(高校のホームルームのようなもの)で生徒の皆さんに夏期講習の案内をお渡ししました。それを元に受講する講座を決めて、受講料と教材費を納入していただくことになります。(夏期講習は在籍生以外の高校3年生、高卒生も受講できます。受講をご希望の方はお問い合せください。)

後期授業料の納入などもこの時期です。

受付窓口をご利用の際は、ぜひお時間に余裕を持ってお越しください。 😉


 

談話室をリニューアル

2019-03-11

談話室をリニューアルしました。

20190311談話室理リニューアル

フロア・クロスの張替とともに椅子とテーブルの入れ替えも行いました。
アイボリーを基調とした明るい空間になりました。

座席数も多少増え、勉強の合間の休憩時間にはリラックスして頂ける談話室になりましたので、
多くの皆様のご利用お待ちしております。


 

実戦シリーズの準備

2018-11-12

今月は大学別オープン模試が次々と実施されています。
少し前から赤本(大学別の過去問題集)の貸し出し希望も多くなってきました。

さて、そんな最中、11月26日(月)から始まる実戦シリーズの教材が届きました。
実戦シリーズは、殆どの講座が授業前半でテスト、後半で解説を行うテストゼミ形式となり、制限時間内で答案を仕上げる演習を行います。
2講分、つまり2週間で終了なのですが、それでも英語のテスト問題だけでこれだけの種類!

職員室
まずは職員室の机にドンドン出して、できるだけ整理しながら事務室の棚へ。どのようにして収めるか、そもそも収めきれるのか、毎年苦心しながらの作業になります。

校長室場所が足りず校長室にも教材を積み上げます。(これは数学。まだまだある。)

棚棚の高いところも使ってなんとか収まりました!

11月中に全ての模試が終了し、実戦シリーズの間に、いよいよ12月を迎えることになります。
そうして2回目の三者懇談会冬期講習会へと続き、どんどん受験本番へ向かって予備校は加速してゆくのです。


 

福田校長によるチュートリアルアワー

2018-09-18

9月10日、17日に福田校長によるチュートリアルアワー(ホームルームのようなもの)がありました。

福田校長TH内容をご紹介します。

初めに9月2日までインドネシアのジャカルタで行われていたアジア大会2018での
日本人のメダル獲得数(金75個、銀56個、銅74個)合計205個と
前回大会を上回る成績をおさめたことについて触れました。
メダルの数ばかりに注目しがちだが、このような素晴らしい成績をおさめる要素として、
①自分の目標を忘れない
②日々のたゆまぬ努力
③普段の練習・自分を信じ発揮する力
④弱音をはかないたくましさ
⑤本番で恐れない精神力
が挙げられるとのこと。
これらは生徒の皆さんにも当てはまることですね。

続いて、
9月13日には第2回マーク模試の成績表が返却されるが、一喜一憂しないこと。
得意分野を見極め、弱点は克服するべき。
総合点で決まる入試において苦手分野を後回しにしないことが重要。
例えば苦手分野を朝一番の頭のスッキリしている時間帯に取り組むなど、
自分なりに点数が伸びるような戦略をたてる必要がある。
模試は最終目標に到達する為に何が必要なのか見極める材料にして欲しい。

そして勉強だけでなく、とても大事なことが生活習慣。
今年の夏は猛暑だったが、だんだんと秋らしい、過ごしやすい季候になってきた。
季節の変わり目には体調を崩すことがある。
起床・食事・入浴・睡眠など生活のリズムを、家族に協力してもらいながら、
体調管理含め自分でコントロールしていくことが大事である。
と、今後の勉強方法や普段の生活について見直しを促しました。

最後に浪人生は精神的にきついこともあるが、それは自分だけではない誰もがきついので、
友達・仲間と励まし合って、来春合格する自分の姿を思い浮かべてください
そう激励して締めくくりました。

生徒は真剣に耳を傾けていた様子で、その素直な姿に感銘を受けました。
チュートリアルアワー終了後、廊下を歩いていると後ろの方から
「生活習慣の話が心に沁みた」という生徒の声が、聞こえました。
今回の福田校長の言葉が、皆さんの励みになれば幸いです。 😀


 

第1回全統マーク模試を実施しました

2018-05-01

IMG_4359

 

こんにちは!金沢駅西予備校では通常通り授業を行っていますが、世間ではゴールデン・ウィークですね。だんだん、生徒のみなさんも予備校生としての生活に慣れ始めた頃ではないでしょうか。

 

さて、4月29日(日)に第1回全統マーク模試を実施しました  :-)

普段は日曜日には授業を行わず、生徒のみなさんが授業の予習・復習にまとまった時間がとれるようにしていますが、模擬試験のある日曜日は、朝から夕方まで試験となります。

前週のチュートリアル・アワー(ホームルーム)では、普段と比べて予習・復習にあてることのできる時間が限定されるため、「来週の授業の予習を早めに進めておくように」ということを生徒のみなさんにお伝えしました。

 

予備校生になってから初めての模試でしたが、試験当日は受験生みんなの協力でスムーズに試験を行うことができました 😀

tebiki

 

ゴールデンウィーク明けには「復習の日」ということであえて授業を行わない日を設けます。

第3講までの授業の復習はもちろん、模擬試験の復習もしっかり行っていきましょうね!


 

河合塾テキスト

2018-03-18

金沢駅西予備校では、河合塾の大学受験科で使用されているテキストと同じテキストをつかって1年間学習します :-)

生徒にお話をきくと、予備校を選んだ理由に「学校の雰囲気が気にいった」という声や「先輩、先生にすすめられて」という声もききますが、「河合塾のテキストがつかえるから」という理由もとっても多いんです 。河合塾テキスト

河合塾のテキストが他の予備校のテキストと大きく違うのは、問題セレクトの加減です

河合塾のテキストをつくっている先生のひとりは、「問題を増やすことは簡単です。1,000題でも2,000題でもたくさん与えることは誰でもできます。そうではなく、河合塾のテキストは必要最小限の中で勝負をしていく。テキストは問題数が少なければ少ないほど、つくるのが難しいんです。」と話しています。

実際に、本校に通ってくれた生徒の中には「自分は一度にたくさんのことはできない性格だから、少ない教材で身になるものを…と思って、教材がよい金沢駅西予備校を選んだ」という方もいました。

学校説明会や体験授業にお越しの際は、ぜひ「河合塾テキスト」も手にとって、みていってくださいね :-)


 

自習室を改装しました!!

2018-02-20

自習室リニューアルの一環として、学習イスの入れ替えを行いました :-)

イスを入れ替えたのは大雪が降った翌日でした。イスを運んでくれたトラックが、校舎入口で雪にはまりかけ、雪透かしするところからスタートしました。2時間ほどで60個のイスを入れ替え、自習室のイスはすべて新しくなりました!!

 

今回、自習室は集中力を高めるともいわれる青を基調とした空間にリニューアルしました。また、イスは高さが調節しやすく、座り心地もよく、長時間でも学習しやすいイスになりました!!

3月から説明会を行いますので、その際には自習室も見て行ってください 😉

説明会や個別相談に来校された方は、その日から自習室を体験利用することができます。新しくなった自習室をぜひご活用ください。

DSCN0715

DSCN0716

 


 

修了生が来てくれました。

2018-01-03

あけましておめでとうございます :-) さて、本日予備校には修了生が近況報告に来てくれました。
同窓会を兼ねた成人式ということで、大人びた着物姿。

職員室が一気に華やぎました。

DSCN0703

元担任の片山先生と写真をパチリ。

大学生活について、先生方と話がはずんでいましたよ 😉
こうして修了生が足を運んでくれるのは、とても喜ばしいことです。


 

冬期講習がスタートしました

2017-12-14

12月を迎え、受付には小さなクリスマスツリーを飾っています :-) 12日から冬期講習がスタートしました。

tree

金沢駅西予備校の冬期講習はターム制(全4ターム)をとっています。講座は1講から5講まで(※特定の講座を除く)の5日間連続短期集中型の日程です。また、4ターム(最終ターム)の最終日は1月6日(土)です。

DSCN0696

いよいよ入試本番が近づき受験生は正念場を迎えます。冬期講習は、センター試験対策、大学別、レベル別など約60講座のラインナップで、予備校生一人ひとりが自分に必要な講座を選択し自分だけのオリジナルの時間割を作り、センター試験本番直前のこの時期を乗り切ります。
他にもセンター試験の過去問を解いたり、地歴の論述添削講座の課題を提出したりしていますね :-)

金沢駅西予備校生の時間割をいくつかご紹介します。

【文系生徒の場合】

jikanwari_winter1

 

東大京大コースの生徒の時間割です。「東大英語」「東大文類数学」等大学別対策講座のほか、地歴の二次対策やセンター対策もポイントを押さえて組み込んでいます。

jikanwari_winter2

難関国公立大コース、名大志望者の時間割です。英・数・国の二次試験対策向け講座を特に国語の配分を多めに受講しています。また、理科基礎以外のセンター試験対策講座も受講する予定です。

【理系生徒の場合】

jikanwari_winter3

 

医進コース、金大医学類志望者の時間割です。

二次試験で必要な英語・数学・物理・化学でハイレベルの講座を受講しています。
医学類はセンター試験での高得点が必須ですが、センター試験対策講座もポイントを押さえて受講しています。

jikanwari_winter4
金大コース、金大理工学域志望者の時間割です。英語・数学・理科だけに絞って受講していますが、二次試験対策向けの講座とセンター試験向けの講座をバランスよく受講しています。
上記のように、生徒一人ひとりがオリジナルの時間割で第一志望合格を目指し勉強に励んでいます。
金沢駅西予備校生の他、高卒生および高3生が申込み可能で、講習生は講習期間中、予備校自習室が利用できます。

この正念場、金沢駅西予備校で一緒に乗り切りましょう。

★冬期講習ご案内ページはこちら


 

« Older Entries

受験生の力になりたい。

熱意にあふれ、信頼できる講師陣が、受験生の力になりたいと誠実に願い、着実に実績を積み上げた予備校です。受験に関するどんなことでもお気軽にご相談ください。

電話:076-262-8739 お問い合わせ

ページのトップへ戻る