河合塾提携校金沢駅西予備校

 

石川県金沢市駅西本町1-1-31 電話:076-262-8739

カテゴリー(授業)

授業紹介 「京大世界史 第2回」

2018-07-05

kyodaisekaisi

東大や京大など一部の大学では日本史・世界史・地理の問題に本格的な論述問題が含まれます。このように本格的な論述問題に取り組む方のために、金沢駅西予備校では添削講座を開講しています(特別講座「二次・私大世界史(論述)」)。普段は添削した答案を個別に返却していますが今回はみなさんに集まってもらい、事前に提出しておいた問題の採点結果をそれぞれ受け取った上で、講師の講評をみんなで聴くというスタイルで授業を行いました :-)

「京大世界史(第2回)」の講評では、地理的な範囲・年代の範囲等問題文が求めている範囲を正確にとらえなかったために、点数が伸びなかった答案が目立ったということをお伝えしました。

例えば、「唯一の超大国」で指導的な役割をしているアメリカ合衆国の現在の姿を思い描きながら、第一次世界大戦の勃発から1940年代までのアメリカの外交政策の変遷を答えるという主旨の問題が事前課題のひとつにありました。この問題では問題文に「両大戦における動向にも触れながら」とあるのがヒントだったのですが、これに引き付けられすぎたのか戦時中のことばかり答えている人が目立ちました。

問題文に1940年代」とあります。1940年代というからには1949年まで、つまり第二次世界大戦後終戦後までのことも範囲となります。アメリカの外交政策の変化の軸として、第一次大戦で当初は中立の立場をとっていたように孤立主義だったアメリカが、戦時中~戦後にかけて他国への積極的介入に変遷してきたことをとらえることがポイント。戦後のポツダム会談、NATO結成等にも触れ、指導的な役割をとるようになったことも回答したい問題です。

 

もうひとつ別の問題(14世紀の東アジアおよび中央アジアの政治的な動きについて、前世紀にモンゴル人勢力がユーラシア大陸の多くの地域を支配下においた過程等に触れながら答える問題)では、モンゴル人勢力拡大の過程の記述をしてはいるものの、問題文が地理的に東アジア中央アジアの話題ではないことを書いてしまった方が複数いたそうです。

 

分校講師によると「1940年代」「東アジア」「〇〇に注意しながら」等、問題文のキーワードにはまず下線をひいてチェックするがおすすめだそうです。試験本番で緊張していたり焦っていたりするとなおさらこうしたキーワードを見逃してしまい、問題文で問われていないことを答えてしまうのではないでしょうか。答えはじめるまえに問題の主旨を落ち着いて確認する習慣をつけたいですね 😀 

今回つかんだコツを今後の答案づくりに活かしていきましょう。

 


 

模擬面接練習(前期)を実施しました

2018-02-02

国公立大学前期入試や私立大学の入試で面接が課される方を対象に模擬面接を行いました。

mensetsu

模擬面接の前のオリエンテーションでは、服装(浪人生の場合、原則としてスーツ)や心構えなど諸注意をお知らせしました。

特に、医学科では面接が課されることが多いですが、大学によって面接の位置づけが異なります。地元の金沢大学の場合、二次試験700点満点中100点を面接が占めます。面接の配点が高いというわけではありませんが、総合点で判断される入試において、面接で他志望者とあまりに差をつけられすぎるのは不利になる、と言えるでしょう。また、大学によっては、学科試験の得点に関わらず、面接結果により不合格とする場合がある大学もあります。

講師の森からは、「想定していない質問をうけたとしても慌てず、自分の考えを答えること。また、時には正解がないような質問もあるが、素直に自分の考えを伝えることを意識してほしい。」ということを生徒のみなさんにお伝えしました。

mensetsu2

その後、ひとり20分ずつの持ち時間で模擬面接を行いました。概ねどの生徒も想定される質問に対して自分なりの答えを準備してきていて、よく考えが伝えられていました

医学科を想定した模擬面接では「医学科を志望する理由」「先進技術をいち早く取り入れるべきか、慎重に取り入れるべきか」「将来、どんな医師になりたいか」などを質問しました。

また、ある私立大学の工学部を想定した面接では、「この大学を志望した理由」「大学で研究していきたい分野」「指定文献を読んだ上での回答」などを練習しました。また、学科を問わず「部活動等での過去のリーダー経験」や「自分の性格の長所・短所」なとについてお尋ねしました。

 

生徒のみなさんからは、将来どんな医師として貢献したいか、あるいは、化学が大好きであるという気持ちや大学でこんな分野を研究したいという熱意などが本当によく伝わってきました。

一部の生徒に対して、話すスピードや声の大きさについて注意をしたケースもありましたが、講師陣からは概ねどの生徒に対しても「面接の準備はよくできているので、安心して試験に臨んでほしい」ということが伝えられました。

 

2月に入り試験も目前ですが、焦らず、この調子で1日、1日を大切に過ごしていきましょう!


 

授業紹介 英文読解(標準)

2017-11-26

授業紹介 英文読解(標準)2017年11月21日(火)担当:前

本日は英語科「英文読解(標準)」の授業をレポートします。「英文読解」は3レベルに分かれており、真ん中のクラスです。

◆授業前の『予習』について

この講座の場合1回分の予習時間の目安は40分程度(得意な方は30分)。河合塾のテキストは難しいというイメージを持っている人もいるかもしれませんが、授業についていける分量でなおかつ受験に充分対応しているちょうどよい内容です。このテキストには「語句チェック」というコーナーがあり、文章を読み始める前に文章に登場する単語や熟語を理解しているかどうか確認します。前先生によれば、多くの語句は既に以前の講座で登場しており、生徒のみなさんが知らない語句は30‐40語のうち、2-3語程度であるはずとのこと :-)

語句チェックの後、英文を読んで設問に答えていきます。先にポイントとなる語句を確認しているので、英文を読み進めやすく読解に集中しやすいですね。

◆今回のテーマ

今回扱う英文のテーマは、apes(類人猿)とhumans(人類)を比較した内容でした。前先生からは、大学は人間とは何かを学ぶ場所でもあるので、今回のように「類人猿」だとか、あるいは「人工知能」「ロボット」と「人間」とを比較するというテーマの文章は大学入試ではよく見かけるという補足説明もありました。

DSCN0687

◆授業の様子

まず今回の場合、最後の設問に「〇〇が××なのはなぜか、△△(人物名)の考えに即して30字程度の日本語で答えよ」というものがありました。前先生からは、この設問の「〇〇が××なのはなぜか」は文章の内容を理解する際にむしろヒントになること、また「△△(人物名)」という固有名詞が出てくるため、文章中で見つけやすい固有名詞もヒントになることが紹介されました。

生徒のみなさんにはもうおなじみだと思いますが、やはりまず設問をチェックしてから問題を解き始めることは、入試という時間制限がある状況で効率よく解答するためにとても重要なことですよね。

 

さて、今回の設問のひとつを取り上げてみましょう。下線部和訳問題です。

In fact, apes and many species of monkeys that are much more distantly related to humans do point as well(以下省略).

「類人猿と、それよりも人間と遠い関係にある多くの種類の猿も同様に指差しを行うのである。」

関係代名詞thatや比較級の強意語、than以下の省略、強調のdoなどが含まれているのですが、みなさんは的確にとらえながら和訳できましたか?

 

私(事務職員)もトライしたのですが…特に「than以下の省略」に気づかなかったので、are much more distantly (than) の比較対象が apes であるということがわからず、上手く訳せませんでした。

「語句チェック」コーナーで語句の意味を確認してから臨んだとしても、文法が理解できなければ的確な和訳はできませんね。やっぱり、学習の積み重ねが大事だなあと思いました :-)

DSCN0691

本校ではこの「英文読解」のほか、「英文法・語法」「英語表現」等、分野別の英語講座があります。これらには、以前「英文法・語法」で習ったことをしばらくたってから「英語表現」で扱うといったように関連性を持たせてあり、生徒のみなさんが自然と繰り返し学習できるシステムになっています。

冬が近づくと焦りを感じる人もいるかもしれませんが、これまでの自分の学習の積み重ね予備校のシステムを信じてください。

最後までともに頑張りましょう!


 

金沢駅西予備校BLOGをはじめました

2017-07-11

こんにちは、金沢駅西予備校です。金沢駅西予備校では、予備校での生活や雰囲気などをお伝えしたくBLOGをはじめました。授業や行事の様子などをお伝えしていきたいと思います。どうぞお付き合いください :-)

授業紹介

DSCN0568

授業紹介 数学①(ⅡB)標準 第8講 2017年6月12日(月)担当:松浦

  • 文系生徒のための数学の授業は3つのレベルに分かれており、その真ん中にあたる標準クラスの様子です。生徒からは「高校では聞けなかったこと、知らなかったことが発見できて楽しい」「毎回、そうするといいのか!という発見がある」というような声をいただいています。
  • 今回は「データの分析」と「平面図形」を扱いました。「データの分析」は内容量も少なめで取り組みやすい単元ですがセンター試験で必ず出題されます。センター試験の直前にしっかり復習すべきことが強調されました。入校予約時にお配りしていたスターターキットに収録されていますのでぜひお使いください。
  • 松浦先生からは、何故「分散」はわざわざ2乗するのか?…数学の歴史においてより利便性が高いということでこの方法が選ばれ発展したこと、そして生徒になじみ深い「偏差値」とこの単元で出てくる「偏差」との関連。それに付随して成績を大きく伸ばす「学習量の見える化」(ボールペンのインクの量)についても紹介されました。授業の中でも、大きく成績を伸ばした人の勉強法等を紹介していくことで、生徒のみなさんのいわゆる「やる気」により火をつけていきたいという狙いもあります。
  • 平面図形の分野では「方べきの定理」「接弦定理」など生徒のみなさんにはおなじみの定理を用いる標準的な問題を扱いましたが、授業では、ただ正解を解説するのではなく、その中でも『ちょっとしたコツ』でミスを防ぐことができたり、より短時間で問題を解くことができたりすることが紹介されます。今回の授業では「メネラウスの定理」の問題で、図形の中にその定理を使える局面が複数あったときに、どちらを使って問題を解くのが解きやすいのかという点(どちらでも正解にたどり着けるが、一方は図形の中に1:1の比が含まれるため計算が楽。もう一方に注目するとtをつかった二次方程式となるため負担が増す。)が紹介されました。また、定理が覚えられない人のために覚え方のゴロ合わせ、見た目が「狐」に似ているのがメネラウスの定理だといったようなことです。
  • いずれも『ちょっとしたコツ』ではあるのですが、たった1問の出来不出来、たった数点の差が合否の分け目になる大学受験では、『ちょっとしたコツ』の積み重ねがいきるものです。今回のテーマは生徒にとって比較的取り組みやすい問題が中心だったということで、最後に難度の高い補充問題が出されました。より習得した知識の応用力が試されるような、面白い問題だったのではないでしょうか。授業の終盤でしたが、皆さん集中して問題を解いている様子でした。

 

受験生の力になりたい。

熱意にあふれ、信頼できる講師陣が、受験生の力になりたいと誠実に願い、着実に実績を積み上げた予備校です。受験に関するどんなことでもお気軽にご相談ください。

電話:076-262-8739 お問い合わせ

ページのトップへ戻る