河合塾提携校金沢駅西予備校

 

石川県金沢市駅西本町1-1-31 電話:076-262-8739

予備校通信BLOG

模擬面接練習(前期)を実施しました

国公立大学前期入試や私立大学の入試で面接が課される方を対象に模擬面接を行いました。

mensetsu

模擬面接の前のオリエンテーションでは、服装(浪人生の場合、原則としてスーツ)や心構えなど諸注意をお知らせしました。

特に、医学科では面接が課されることが多いですが、大学によって面接の位置づけが異なります。地元の金沢大学の場合、二次試験700点満点中100点を面接が占めます。面接の配点が高いというわけではありませんが、総合点で判断される入試において、面接で他志望者とあまりに差をつけられすぎるのは不利になる、と言えるでしょう。また、大学によっては、学科試験の得点に関わらず、面接結果により不合格とする場合がある大学もあります。

講師の森からは、「想定していない質問をうけたとしても慌てず、自分の考えを答えること。また、時には正解がないような質問もあるが、素直に自分の考えを伝えることを意識してほしい。」ということを生徒のみなさんにお伝えしました。

mensetsu2

その後、ひとり20分ずつの持ち時間で模擬面接を行いました。概ねどの生徒も想定される質問に対して自分なりの答えを準備してきていて、よく考えが伝えられていました

医学科を想定した模擬面接では「医学科を志望する理由」「先進技術をいち早く取り入れるべきか、慎重に取り入れるべきか」「将来、どんな医師になりたいか」などを質問しました。

また、ある私立大学の工学部を想定した面接では、「この大学を志望した理由」「大学で研究していきたい分野」「指定文献を読んだ上での回答」などを練習しました。また、学科を問わず「部活動等での過去のリーダー経験」や「自分の性格の長所・短所」なとについてお尋ねしました。

 

生徒のみなさんからは、将来どんな医師として貢献したいか、あるいは、化学が大好きであるという気持ちや大学でこんな分野を研究したいという熱意などが本当によく伝わってきました。

一部の生徒に対して、話すスピードや声の大きさについて注意をしたケースもありましたが、講師陣からは概ねどの生徒に対しても「面接の準備はよくできているので、安心して試験に臨んでほしい」ということが伝えられました。

 

2月に入り試験も目前ですが、焦らず、この調子で1日、1日を大切に過ごしていきましょう!


 

センター試験・私大入試に向けた激励会を開催しました

センター試験・私立大学入試に向けた激励会、その後クラスごとにわかれてチュートリアルアワーを行いました。

 

激励会では、松浦校長より生徒のみなさんに激励の言葉を贈りました。4月の入学以来、テキストの予習復習に力を入れるなど生徒のみなさんの学習姿勢は優れており、成績も伸びてきています。これまで学習してきたことに自信をもって臨んでほしいとお伝えしました。また、センター試験は重要な試験ではありますが、国公立大学の入試、私立大学の入試ともにセンター試験後からが本番といえ、センター試験で何かが終わったような気になってはいけないということも強調されました。

本校では、センター試験終了後も、大学別二次試験向けの講座や私立大学向けの講座を用意しており、添削指導も行います。講師陣にとっても1年で最も忙しい時期でもありますが、最後まで気を抜かず、一緒に頑張ろうと伝えられました。

gekireikai

その後のチュートリアルアワーでは、センター試験にむけた注意事項や今後のスケジュール、出願時の注意等をご説明しました。センター試験の持ち物リスト等も配付しています。あるクラスのチュートリアルアワーでは担任の鈴木講師より、最後に励ましのメッセージとして『「緊張しないようにしよう」「落ち着こう」と自分に無理に言い聞かせるとかえって緊張してしまう。緊張してはいけないと思わずに、緊張を自覚しよう」』ということが伝えられました。

職員一同、生徒のみなさんが実力を発揮できるよう、心から祈っています!

 

~講師陣よりメッセージ(一部抜粋)~

自信→平常心→実力発揮
受験の大敵は「焦り」です。気持ちが焦り、いつもと違うペースで解こうとすると実力は発揮できません。焦りは自信のなさの現れです。
諸君の実力は大きく伸びていますよ。
自信をもっていつものペースで臨んでください。
(数学科 松浦)
受験本番を控え、誰でも不安な気持ちになると思います。しかし、皆さんはその不安を払拭できるだけの「質の高い努力」をしてきました。本番で頼れるのは自分だけです。
自分に自信を持って試験に臨んでください!
(英語科 片山)
いよいよ本番。これまでにやるべきことはやったのだから、自信を持って試験に臨んでください。最善を尽くせば、きっと成果は出るはずです。落ち着いて問題に取り組んでください。
(英語科 鈴木)
今までの勉強の成果を、これからの受験で十分に発揮してください。そして今までの努力は、試験のためだけでなく、将来、社会生活でも、きっと役に立つことでしょう。数学の勉強は一見、社会に役に立たない学問と思われがちですが、決してそうではありません。役に立つ学問はあまり役に立たず、役に立たない学問が将来役に立つのです。
(数学科 森)
スポーツではゾーン(超集中状態)に入るというメンタルな現象があります。「ボールが止まって見えた」と表現されるほどの集中力。トップアスリートなら、一度は経験するそうです。予想される結果ではなく、設問に集中してください。(英語科 前) 試験に出題されることは、学問的にも社会的にも、重要なことばかりです。そして、将来に楽しみを与えてくれるものです。しからば、試験問題に取り組むことは、大いなる楽しみといえるはずです。この思いのもと、明るい気持ちで取り組んで下さい。そうすれば良い結果が、おのずと付いてきます。(国語科 地歴公民科 分校)

 


 

修了生が来てくれました。

あけましておめでとうございます :-) さて、本日予備校には修了生が近況報告に来てくれました。
同窓会を兼ねた成人式ということで、大人びた着物姿。

職員室が一気に華やぎました。

DSCN0703

元担任の片山先生と写真をパチリ。

大学生活について、先生方と話がはずんでいましたよ 😉
こうして修了生が足を運んでくれるのは、とても喜ばしいことです。


 

受験生の力になりたい。

熱意にあふれ、信頼できる講師陣が、受験生の力になりたいと誠実に願い、着実に実績を積み上げた予備校です。受験に関するどんなことでもお気軽にご相談ください。

電話:076-262-8739 お問い合わせ

ページのトップへ戻る