河合塾提携校金沢駅西予備校

 

石川県金沢市駅西本町1-1-31 電話:076-262-8739

予備校通信BLOG

第2回全統マーク模試を実施しました

8月13日(日)、第2回全統マーク模試を実施しました。世間ではお盆や夏休みムードですが、金沢駅西予備校では入試本番さながらの緊張感です。

全統マーク模試は、大学入試センター試験等のマーク式問題対策の試験です。金沢駅西予備校では、朝8時半~19時頃まで試験を行います。学習のチェックポイントとして、大学受験科の全員がこの模試を受験するので、用意する問題冊子の数も相当な量となります。

という訳で、実は運営側もけっこう体力がいるのですが、試験運営は、予備校の修了生である大学生がサポートしてくれています !数年前に自分たちも同じ経験をしているので、受験生の気持ちをよく理解しています。適切な室温、静かな環境で実力を試すことができるよういつも努めてくれています :-)

 

moshi

moshi2


 

赤本の貸し出し動向

akahon
akahon3
金沢駅西予備校では大学受験科の生徒に、東京大学、京都大学をはじめとする国公立大学や受験する生徒が多い難関私立大学等の赤本(大学別の過去問題集)の貸し出しを行っています

1学期にあたる基礎シリーズは、大学別の対策というよりその名の通り「基礎」を大事にする期間です。生徒のみなさんも予備校の授業の予・復習に注力しており、赤本貸し出し回数は少ないのですが、夏期講習期間は大学別のオープン模試があったり1学期とくらべ授業数が少ないことから、動向が異なります。

7月末~8月頭にかけては、京都大学、名古屋大学、東北大学の赤本の貸し出しが目立ちました。金沢駅西予備校では8/6(日)に第1回京大即応オープン模試、第1回名大オープン模試、第1回東北大オープン模試の3つの試験を同時開催したため、これらの試験にむけて過去問を解いた生徒が多かったようです。

上記のほか、「東大の物理[25か年]」や「早稲田の英語」「国公立大医学部の英語」などをかりて、志望大学の特定科目の研究にじっくり取り組む方も見られます。

 

もちろん、夏期講習の授業の予・復習や、夏の間に受験した模試の復習等も大切ですよ :-)

みなさんは、どんな夏を過ごしていますか?


 

金沢駅西予備校BLOGをはじめました

こんにちは、金沢駅西予備校です。金沢駅西予備校では、予備校での生活や雰囲気などをお伝えしたくBLOGをはじめました。授業や行事の様子などをお伝えしていきたいと思います。どうぞお付き合いください :-)

授業紹介

DSCN0568

授業紹介 数学①(ⅡB)標準 第8講 2017年6月12日(月)担当:松浦

  • 文系生徒のための数学の授業は3つのレベルに分かれており、その真ん中にあたる標準クラスの様子です。生徒からは「高校では聞けなかったこと、知らなかったことが発見できて楽しい」「毎回、そうするといいのか!という発見がある」というような声をいただいています。
  • 今回は「データの分析」と「平面図形」を扱いました。「データの分析」は内容量も少なめで取り組みやすい単元ですがセンター試験で必ず出題されます。センター試験の直前にしっかり復習すべきことが強調されました。入校予約時にお配りしていたスターターキットに収録されていますのでぜひお使いください。
  • 松浦先生からは、何故「分散」はわざわざ2乗するのか?…数学の歴史においてより利便性が高いということでこの方法が選ばれ発展したこと、そして生徒になじみ深い「偏差値」とこの単元で出てくる「偏差」との関連。それに付随して成績を大きく伸ばす「学習量の見える化」(ボールペンのインクの量)についても紹介されました。授業の中でも、大きく成績を伸ばした人の勉強法等を紹介していくことで、生徒のみなさんのいわゆる「やる気」により火をつけていきたいという狙いもあります。
  • 平面図形の分野では「方べきの定理」「接弦定理」など生徒のみなさんにはおなじみの定理を用いる標準的な問題を扱いましたが、授業では、ただ正解を解説するのではなく、その中でも『ちょっとしたコツ』でミスを防ぐことができたり、より短時間で問題を解くことができたりすることが紹介されます。今回の授業では「メネラウスの定理」の問題で、図形の中にその定理を使える局面が複数あったときに、どちらを使って問題を解くのが解きやすいのかという点(どちらでも正解にたどり着けるが、一方は図形の中に1:1の比が含まれるため計算が楽。もう一方に注目するとtをつかった二次方程式となるため負担が増す。)が紹介されました。また、定理が覚えられない人のために覚え方のゴロ合わせ、見た目が「狐」に似ているのがメネラウスの定理だといったようなことです。
  • いずれも『ちょっとしたコツ』ではあるのですが、たった1問の出来不出来、たった数点の差が合否の分け目になる大学受験では、『ちょっとしたコツ』の積み重ねがいきるものです。今回のテーマは生徒にとって比較的取り組みやすい問題が中心だったということで、最後に難度の高い補充問題が出されました。より習得した知識の応用力が試されるような、面白い問題だったのではないでしょうか。授業の終盤でしたが、皆さん集中して問題を解いている様子でした。

 

受験生の力になりたい。

熱意にあふれ、信頼できる講師陣が、受験生の力になりたいと誠実に願い、着実に実績を積み上げた予備校です。受験に関するどんなことでもお気軽にご相談ください。

電話:076-262-8739 お問い合わせ

ページのトップへ戻る