河合塾提携校金沢駅西予備校

 

石川県金沢市駅西本町1-1-31 電話:076-262-8739

予備校通信BLOG

近畿大学説明会が開催されました

私大の入試にはたくさんの方式がありますよね。
いざ要項を読もうとしても複雑で、急には理解が追いつかないと思います。
説明会では、要項の大事な部分を噛み砕いて説明してもらえますし、個別に質問も受け付けてもらえるので、その大学の受験を考えている方はぜひ参加されることをおすすめします。

さて、10月18日(水)には、近畿大学説明会が開催されました。DSCN0642

各入試日程・方式にはそれぞれ特色があって、自分に合った日程・方式で受験することが大切なのだということを具体例を交えて説明して下さいました。(例えば、推薦入試では得意科目を生かせて、後期入試では苦手科目を切り捨てられるなど)

近畿大学の入試は、問題傾向を変えていないので対策がとりやすいということ、
また、得意科目が1つでもあれば合格に近づけるよう入試方式が考えられていることを何度も強調されていました。

各学部でも、その学部で勉強していく為に必要な力は何かというのを絞って考えているらしく、特に建築学部が外国語と国語で受験できるというのは驚きでした。

資料もたくさんあって、過去問だけではなく入試問題の対策方法まで冊子になっていて、「近畿大学で学びたい人に合格して欲しい」、という強い意気込みを感じました。

近畿大学様、ありがとうございました。


 

東洋大学 受験バックアップ講座が開催されました

10/4(水)に、東洋大学の受験バックアップ講座が開催されました。東洋大学受験バックアップ講座

東洋大学には様々な入試方式があり、受験方法についての詳しい説明がなされました。

複雑で、配付資料を見ただけでは理解が難しい部分を、入試課の方が丁寧にお話し下さいました。
受験料がお得になる出願方法や、併願の仕方、スケジュールの組み方など、1時間でしたが凝縮した内容でした。

資料のどこにも載っていない、入試問題の傾向と対策について教科ごとに細かく教えてもらえたり、東洋大学の入試対策におすすめの参考書も紹介されました。

全体への説明だけでは分かり辛かった部分については個別に質問対応の時間もあり、東洋大学の受験を考えている方にとっては本当にためになる内容だったと思います。

東洋大学様、ありがとうございました。


 

奈良女子大学説明会が開催されました

9月15日(金)に、奈良女子大学の説明会が開催されました。
大学説明会は広報の方が担当されることが多いのですが、奈良女子大学は先生3名と学生さん1名で、生の声を届けてくださいました。奈良女子大学説明会

説明のはじめには、来年の1年生に提供されるシステムについて紹介がありました。
パサージュという1年生を対象としたゼミ形式の授業があり、最先端の研究に触れられること、
英語教育に力を入れていて、少人数制の授業を行っていること、
大学院へ進むことをあらかじめ見据えた6年一貫プログラムなど、学生のことを真剣に考え、工夫を盛り込んだ内容でした。

各学部については先生方が直接説明してくださるので、今どんな研究をしているかなど具体的で、参加した皆さんは興味深く聞き入っている様子でした。

奈良女子大学ならではの特色では、
教員1名あたり学生が2~3名の超少人数制教育、女性教員の比率が高い、全国の大学の中でも高い就職率、などが印象的でした。

学生さんは、所属コースの研究、部活動、アルバイトなど、学生生活について話してくださいました。奈良女子大学の学食はとてもおいしいそうですよ。 😀

志望学部ごとにわかれての個別相談の時間もあり、皆さん熱心にお話を聞いているようでした。

奈良女子大学の皆様、充実した説明会をありがとうございました。


 

受験生の力になりたい。

熱意にあふれ、信頼できる講師陣が、受験生の力になりたいと誠実に願い、着実に実績を積み上げた予備校です。受験に関するどんなことでもお気軽にご相談ください。

電話:076-262-8739 お問い合わせ

ページのトップへ戻る