河合塾提携校富山予備校

 

富山県富山市新桜町10-6 電話:076-432-3510

予備校通信BLOG

センターPlus講座

今年から新しくセンターPlusという講座を設置しました。開講科目は英語・数学・国語・理科(4単位)です。河合塾提携校である富山予備校では、科目にもよりますが、本格的なセンター試験対策は夏期講習から始まります。この講座は、夏期講習より前に、基礎シリーズ(1学期)のうちからセンター試験対策に取り組みたい人のための講座で、希望者が受講します。得点率UP・競争力UPに効果的なテスト+ゼミ形式で、マークシートを使った実践的なトレーニングをします。

 

DSCN0543

 

センター試験は、推薦入試やAO入試を受験する人を除いては、多くの受験生にとって1番はじめに挑む試験になります。模試を受けていても、通い慣れた学校で受けることがほとんどですし、いくら本番のつもりで臨んでも、本番の緊張感や試験場の雰囲気と、定期的に受ける模試のそれとは、かけ離れたものがあるでしょう。「緊張して実力を出し切れなかった」「頭が真っ白になってしまった」という人が、やはりそれなりにいるように思います。予備校に通う生徒は、ほとんどが今年のセンター試験を経験しているので、その経験と照らし合わせてみると、当てはまる人が多いのではないでしょうか。では、センター試験本番の緊張や不安に打ち勝つにはどうすればよいか。それは、「ここまでやったから大丈夫」という自信を持つ以外にはないように思います。トレーニングを積んで、万全の準備をする、それが最善の策だと言えます。

 

希望者が対象のセンターPlusですが、国公立大学コースに所属する生徒の約半数が受講しています。やはり国公立大学を目指すならセンター試験は避けては通れない。早めに対策を始めておきたいと考える人が多いようです。本番の不安や緊張感に勝る自信をつける一助を担う講座になればと思います :-)

受講者にはぜひ、授業に出て満足するのではなく、時間がなくて解けなかった問題を解き、間違えた問題を中心に、復習にも力を入れてもらいたいものです。


 

レクリエーション@太閤山ランド

5月19日(土)、射水市の太閤山ランドにてレクリエーションを行いました。この日はあいにくの天気で、晴天ではなかったものの、大雨に見舞われることもなく、屋外の競技も無事に実施することができました。 レクリエーションは予備校行事では唯一、受験や勉強と関係がなく、生徒にとって良い気分転換になったことと思います。バーベキュー広場で焼きそばを食べ、その後バドミントン、バスケットボール、ソフトボール、テニスなど様々なスポーツで汗を流しました。予備校で真剣に授業を受ける姿とも違った、生き生きと、そしてはつらつとした表情を見せてくれました。 DSCN05341 毎年、この時期に実施するレクリエーションでは、生徒間の親睦を深める機会にもなっています。富山予備校には県内のさまざまな高校、また県外の高校からも生徒が集まっています。受験を乗り切る時に、ともに勉強に励む仲間がいるということはとても心強く、頑張るモチベーションにもつながります。この日も、焼きそば作りやスポーツを通して、友達の輪が広がっていく光景を目にすることができ、嬉しく思いました :) これから志望校に向かって勉強する中で、辛い時期や落ち込む時期など、互いに励まし、ともに切磋琢磨できる仲間になるといいですね。 DSCN05252


 

個人面談

基礎シリーズが始まってから1ヶ月が経ち、そろそろ授業や予備校生活にも慣れてきた頃でしょうか。

富山予備校では4月末から個人面談を実施しています。個人面談は、生徒とクラス担任の二者で行われ、1対1での最初の顔合わせとなります。

この最初の個人面談は、生徒にとっては来年度入試に向けてどのように学習するか、クラス担任にとってはそれをどのようにサポートしていくか、見通しを立てる上で重要です。

 

担任によって話す内容も様々ではありますが、主に、

 

・今年度入試の振り返り

・予備校生活に慣れたか(学習の仕方、生活リズムは適切か)

・来年度入試の目標や合格に向けての指針

 

が話の中心です。

その他、差し障りのない範囲で家庭や高校時代の話なども交え、生徒の人柄などを知る機会にもなっています。

 

具体的には、サクセスクリニック(全国の河合塾で実施する「学力診断テスト」。4月・7月に実施)の結果や今年度のセンター試験の得点を見ながら弱点の確認をし、またその克服に向けて意識付けなどを行います。また、予備校では授業中心になるため、予習→授業→復習のサイクルがきちんと確立できているか、何か問題として抱えていることはないかなど、丁寧に聞き取りをしていきます。

また、選抜クラス(超難関大学を念頭に置くクラス)の場合は、学習習慣の確立は生徒自身で既にできているので、解けるはずの問題が解けない理由や、本番での力の出し方を考えさせるなどしています。

来年度入試で合格を勝ち取るために、今年度入試の反省を踏まえ、具体的な指針、計画を立てることが重要です。個人面談では、生徒一人ひとりにそのフォローをしていきます。

 

受験が終わるまで、担任を中心にできる限りのサポートをしていきます。心配事や悩み事があれば、すぐに相談してくださいね :-)


 

受験生の力になりたい。

熱意にあふれ、信頼できる講師陣が、受験生の力になりたいと誠実に願い、着実に実勢を積み上げた予備校です。受験に関するどんなことでもお気軽にご相談ください。

電話:076-432-3510 お問い合わせ

ページのトップへ戻る