河合塾提携校富山予備校

 

富山県富山市新桜町10-6 電話:076-432-3510

予備校通信BLOG

三者懇談会

7日(金)から11日(月)の5日間で第2回三者懇談会を実施しています。

保護者の皆様、お忙しい中ご出席いただき誠にありがとうございます。

今回の懇談会では受験大学の検討が中心で、これまでの模試成績や、入試科目・配点・受験日程、生徒本人の意向、受験校の適正度など十分に検討した上で綿密な計画を立てていきます。

 

事前に生徒には、「受験大学予定表」というシートを記入してもらい、受験計画を立ててもらっています。懇談会では、そのシートをもとに、第一志望校だけでなく併願校も含め、受験大学の選び方が適正かどうかを生徒と保護者、クラス担任との三者にて吟味します。

 

受験大学を決める懇談会とあって、7月に実施した第1回三者懇談会に比べ、緊張感も増します。思い通りに成績が伸びている生徒も伸び悩んでいる生徒も、入試本番は迫っていますが、勉強に充てられる時間はまだまだあります。慢心したり、諦めたりすることなく本番直前まで走りぬけることが大切です。

 

DSCN03681

また、懇談会では最新の入試情報が掲載された“入試情報等資料”を配布しています。第3回までの全統模試のデータから河合塾が2018年度の受験を予想して作成した資料になっています。2018年度入試では、富山大学や金沢大学をはじめ、学部の新設や改組を行う大学も多数あります。また、近県である石川県と長野県でそれぞれ公立大学が新設されます。見落としがないか、今一度入試情報のご確認をお願いします。


 

富山予備校の掲示板

富山予備校の掲示板には、受験に関する情報が多数掲示してあります。

 

2F受付前掲示板

2F受付前掲示板

現在、1番目につきやすい受付前の掲示板では、

 

・センター試験関連情報

・富山大学医学科富山県特別枠について

・富山・金沢で地方受験できる大学一覧

・受験校決定のポイント

 

が紹介されています。

 

4F教室前掲示板

4F教室前掲示板

その他、校内のさまざまなところに掲示板があり、

 

・東大・京大入試関連情報

・医進入試情報

・早大・慶大入試情報

・大学入試ランキングポスター

・私立大入試日程ポスター

 

など、多彩な入試情報が盛りだくさんです。

 

いまや入試は情報戦とも言われる時代です。

受験生にいち早く最新の入試情報をゲットしてもらおうと新しい情報がある度に更新しています。

ご来校の際は、ぜひチェックしてみてください。


 

コース別チュートリアル

コース別チュートリアルを実施しました。

富山予備校の生徒は、

・東大・京大コース(文系/理系)

・国公立医進コース(理系)

・難関国公立大学コース(文系/理系)

・総合国公立大学コース(文系/理系)

・難関私立大学コース(文系/理系)

・総合私立大学コース(文系/理系)

の文理合わせて11のコースに分かれて所属しており、1週間かけてそのコースごとに最新の入試情報や、今後の学習の指針などを確認するコース別チュートリアルを実施しました。

 

ここでいくつかのコースの内容をご紹介したいと思います。

国公立医進コース

国公立医進コース

国公立医進コースでは、河合塾から提供されたデータや、近隣大学の状況、今後の学習の指針(センター試験と二次試験の学習それぞれにどの程度重点を置くか)に参加者は真剣に耳を傾けていました。参加者に配布された資料には、医学科受験者のセンター試験成績状況や2018年度医学科入試における変更点などさまざまな情報が掲載されています。

 

東大・京大コースの様子です。担当教員から今年度のセンター試験でボーダー(河合塾判定でC判定が出る点数)を下回った人がどのぐらいの割合で二次で逆転をして合格しているかという話がありました。その割合は東大の文類で30%を下回り、理類でもだいたい同じくらいの割合にとどまっているとのことです。東大や京大を目指す受験生はその配点の比重からどうしても二次対策に全力をそそぎ、どちらかというとセンター対策を怠ってしまう傾向にありますが、マーク模試で思うように点数が伸びていない人はセンター対策を意識した学習にも力を入れる必要性を感じたのではないでしょうか。全統マーク模試は、今月末に行われるセンター試験プレテストという来年度のセンター試験を完全予想した模試が最後です。ぜひ頑張ってもらいたいものです。

東大・京大コース

東大・京大コース

難関国公立大学コース(文系)では、「入試とは解ける問題と解けない問題を選別する作業である。一般の生徒が解ける問題はすべて解けるようにして、これでまず50%を確保。それから一般の生徒が解けない問題をあと10%から20%取れば合格の可能性が高い。」と担当教員より話がありました。試験では、いわゆる難問・奇問と言われる問題にこだわりすぎず、まずは50%確保を目指して時間を使い、余った時間で残った問題から解けそうなものを拾っていく。1点の差で合否が分かれます。解ける問題が最初の方にあるとは限らないので、この意識を持って臨むことが非常に大切です。

 

そして最後に担当教員がした話は、

受験生はとかく「できるだけ ラクに 安心して 第一志望校に 合格する」と考えているが、「ラクに」「安心して」「第一志望校に」という3つの条件を考えたときに、最も大切なのは「第一志望校に」という条件であり、そのことを考えると受験とは時に「ラク」ではなく、「安心して」臨めるとは限らないという内容でした。

受験生には「第一志望校に」という条件を簡単に曲げずに、踏ん張ってもらいたいと思います。

総合国公立大コース(理系)

総合国公立大コース(理系)


 

受験生の力になりたい。

熱意にあふれ、信頼できる講師陣が、受験生の力になりたいと誠実に願い、着実に実績を積み上げた予備校です。受験に関するどんなことでもお気軽にご相談ください。

電話:076-432-3510 お問い合わせ

ページのトップへ戻る